解体工事ナビゲーター

解体工事業者を選ぶ時のポイントについてまとめました。きちんと登録をしているか、極端に安かったり高かったりする見積りを出さないか、などチェックします。

きちんと登録をして、適正な見積りを出す解体工事業者を選ぼう

家を建て替えるとか、もう更地にしてしまうという時には建物の解体をしなければなりません。

そんな時は解体工事業者にお願いすることになりますが、良い解体工事業者を選ばないとトラブルのもとになります。

家を壊すだけだからどこでも良いのでは?と思っている人もいるようですが、そんなことはありません。

解体工事業者を選ぶ時のポイントについてまとめておきましょう。

まず、一番大切なことですが、正式に登録している業者を選ぶことです。

解体工事は、「解体工事業登録」または「建設業」の登録が必要です。

これは解体工事を行う都道府県知事の許可がないといけないのです。

こういった許可を取らないで仕事をしているところがあるので、必ず登録がされているか確認しましょう。

解体工事を依頼する時には、一つの業者だけでなく、複数の業者に見積りをしてもらうようにしましょう。

業者によって金額はまちまちで、驚くほど差があることもあります。

私たちは解体工事の相場価格というものはわかりません。

ですからいくつかの業者に見積りをしてもらい、だいたいの相場を知るようにしましょう。

極端に安いところや、逆に高すぎるところというのは避けるようにしたいものです。

また、見積りの内容も、細かく記載してくれるところを選びましょう。

http://www.hausdervolkskultur.com/」によると、~工事一式○○円、としか書かない業者はどちらかというと避けた方が良いようです。

きちんと仕事をしてくれる解体業者を選ぶようにしたいですね。